育毛薬ランキング王国

自毛を育てるために役立つ薬や食事

最近髪のボリュームが気になる方が男女、年齢に関係なく非常に多くなってきました。しかし、病院やクリニックに行ってする治療や育毛薬をお店で買う事に抵抗を感じる方は少なくありません。ここでは自宅で出来る髪の毛のケアや大切な食事について紹介いたします。ではまずケアについて、頭皮に優しいシャンプー法を説明します。使用するシャンプーは出来るだけ弱酸性、無添加、アミノ酸系の物がお勧めです。お湯を低めの温度に設定し、頭皮を動かすようにマッサージをして、すすぎは最低でも一分かけてじっくりと洗って下さい。健康的な育毛には適切な皮脂量が必要です。一日に頻繁にシャンプーをすると皮脂バランスが乱れてしまうのでそれは避けましょう。さらに濡れたまま放置せずに出来るだけ早めにドライヤーで乾かすようにして下さい。次に食事についてです。私たちが毎日口にするものから髪の毛が作られて行くので薄毛の対策には毎日の食事がとても大切です。ここではまさに食べる育毛薬とも言われる食材を十個紹介します。それは、納豆、牡蠣、レバー、高野豆腐、海藻、緑黄色野菜、ナッツ類、柑橘類、青魚、乳製品です。これらには共通点があって、髪の主成分であるたんぱく質を含んでいる事、タンパク質の働きを助けてくれる亜鉛を含む事、頭皮の新陳代謝を高めるビタミンB群を含んでいる事、さらに頭皮の健康を保つビタミンA,C,Eを含んでいる事です。髪の素は食事から得られます。薄毛対策を真剣に考えると、毎日の食事を見直す事が大切です。そのために髪の素となるタンパク質、亜鉛、ビタミンをしっかり摂るようにしましょう。髪のケアと食事の改善と共に健康的な生活習慣を心掛ける事で市販の育毛薬に頼らなくても元気な髪を作る事が出来ます。是非参考にしてみて下さい。